株式会社アンドトップページ

top-text

私たちのアプローチ

andwork
私たちは、企業や組織の中にある問題課題を解決するためのプロジェクトチームを立ち上げ、共に解決に向けて挑戦する「プロジェクトのデザインセンター」です。これまで私たちが蓄積してきたプロジェクトの立ち上げ・運営ノウハウ、そして個性溢れるスペシャリスト、あらゆるセクターとのネットワークをフルに生かし、プロジェクトの持つ力を最大化できるようコーディネートさせていただきます。

私たちの特徴はそれぞれのステージにおいて、セッション(対話の場)を活用し、課題解決への糸口を創発していくことです。一つの問題、課題に対して多様なステークホルダーが参加するセッションの場を通し、現状を多面的な視点から見ることで問題の本質的要因を発見するだけでなく、場を共有したメンバーと言語化された情報はもちろん、非言語情報も共有します。また、安心安全な対話の場を創り出すことで、これまでの常識や考え方に囚われない、自由な発想からあるべき未来像を描くことはもちろん、絵に描いた餅の夢物語に終わらせず、実現するためのプランニングと不足している必要な資源を企画・コーディネートし、ワンストップで包括的に課題解決を支援します。

例えば以下のような課題をお持ちの方のお役に立てます!

>>新しい事業のアイデア創出
競合環境も激化してきた。これまでの事業だけでなく自社独自の新しい事業を展開したいと考えているが革新的なアイデアが生まれてこない。結局これまでの事業の延長線上にある動きしかできていない。

>>組織構造を変えたい
社内の人間関係が硬直していて自由闊達な議論ができる組織ではない。いつも意見を言うのは同じ人物になってしまっている。もっと自由に意見や考えを言い合えるフラットな組織をつくりたい。

>>次の成長分野の構築
既存事業は何とか上手く走っているが、変化の激しい時代、先々のことを考えると不安。今のうちに次なる成長分野をつくっておきたいと考えているが、どうすれば良いか分からない。または取り組んでいるが上手くいっていない。

>>リーダー人材の育成
自ら考え、自ら動くことのできる人材が不足している。現場を任せられるリーダー人材を育成したいと考えている。現代に求められるリーダースキルをいかにして育んでいけばよいか悩んでいる。

アプローチのプロセス

s1問題・課題の背景に原因の発見・共有をすることから始めます。思い込みではなく、現場を大事にし、課題の本質的な要因を探究します。そして課題解決を図るべく、社内の各部門、取引先や課題を共有できそうな企業、さらにはお客様まで多様なステークホルダーを巻き込み、これまでの発想や常識に囚われないイノベーションアイデア創造の場を企画、コーディネートします。

s2小さくスタートさせ、大きく育てていくプロジェクトデザインに自信があります。これまで1000件以上の戦略構築に携わってきた経験をもとに段階ごとに必要となる資源をいかに巻き込んでいくかを設計します。戦略設計の定石を図りやすく伝え、共有することでプロジェクトメンバーが共通言語を持ちながら、思い描いた姿を実現させるための方策を共に探究していけるようファシリテーションします。

s3ユーザーの獲得からファン育成までの精緻なコミュニケーション設計による関係性の構築と顧客コミュニケーションの可視化、自動化によるスタッフ育成も含めた生産性向上、さらには水平展開するまでのサポートをさせていただきます。また停滞、混乱しそうなときは士気が落ちないようメンバー個々に寄り添い、鼓舞し、モチベーションを維持させます。

kuwashiku

OUR SITE 運営メディア

これまでの現場支援の取り組みで生み出されたプロジェクトを実践していくノウハウを整理し、現場のTOPである「プロジェクトキャプテン」となる現場リーダーに向けた自社メディアを運営しています。アンドはプロジェクトを推進する人をサポートし、企業の課題解決に貢献する。プロジェクトを推進していく上で押さえておきたいポイントや即、活用していただけるフレームなど役に立つ情報とツールを配信しています。2016年現在、ひらめきEXのメンバーが20,000人を突破しました。今後さらに役立つコンテンツを展開していく予定です。定期的にメルマガでも情報配信しております。
 
プロジェクトキャプテンのツールボックスひらめきEXへはこちらから

ひらめきEX

hira