演劇のお稽古は”実験”です。その”実験”を通して自分の心や身体に起こる変化を観に来てくださった方とシェアする

こんにちは。講師のせんすです。
 
こちらドイツでは綺麗な紅葉が見られています。
この時期のドイツは気が紅葉して、とっても綺麗です。

落ち葉が絨毯のようでしょう。
 
今朝は風も強かったので、たくさんの葉っぱたちが落ちていました。
 
落ち葉といえば・・大人になってから知った「葉っぱのフレディ」という絵本を思い出しながら、散歩がてら、いくつか落ち葉や木ノ実を拾って歩きました。
 
「葉っぱのフレディ」知っていますか?アメリカの教育学者さんが書いた絵本で、いのちの学び方について書かれているとても素敵な絵本です。
 
そんなことを考えながら”フレディ”を何枚か…

こちら。
 
これを何に使うと思いますか?
 
こちらで発表するパフォーマンスの演出の一部として使うんです。
 
自然のものから発せられるメッセージを使って表現をするとどのようになるのか。興味はありませんか?
 
 
人間の心や身体は一旦リセットをしてあげると多くのものが受信できるよういなっています。普段は気にも留めない落ち葉、街の風景、雨や風、太陽。たくさんのエネルギーを受信することだって可能です。
 
もちろん、普段きっと皆さんが受信しているであろう”人からの言葉”もそうです。
 
だけど、受信の仕方によってはしんどくなったり、苦しくなったりしていませんか。すると自分の発信が刺々しくなってしまったり。そんな経験はないでしょうか。
 
 
私はもうすぐ、こちらドイツでダンサーさんとのコラボレーション公演を行います。
 
この葉っぱを始め様々なものや言葉を受信して、そこから何が生まれるのか、実験を重ねて本番でも実験を行う、実験公演です。
 
”実験”を”公演”って言っちゃっていいの?
”実験”をお客さんに見せちゃっていいの?
…いいんですよ*
 
演劇とか公演というとどこか”完成された発表会”をイメージしていませんか?
 
演劇のお稽古は”実験”です。その”実験”を通して自分の心や身体に起こる変化を観に来てくださった方とシェアすることって実はとても大切なのです。
 
日本にはもちろん、ヨーロッパにもたくさんの実験公演があります。終わった後にお客様とディスカッションをするのも素晴らしい気づきの時間です。
 
 
今回の合宿でもたくさんの実験を行いたいと思っています。
 
そして実験を通して、「こんな時に自分の感情はこ動くんだ!」と実感してみてください。受信と発信が意識してできるようになったとき、また新しい自分に出会えるかもしれません。
 
実験の中で、自分自身がどう変化するのか、その変化を楽しんでみませんか?
 
 
▽演劇イベント「SMILE合宿」の詳細はこちらから
http://and-pj.com/engeki/