プロジェクトサイト制作

頭の中ではバッチリだった企画も、実際にやってみると全然反応がなかった。時間とコストをかけて作ったツール類も全て無駄になってしまった。。。そんな経験はございませんでしょうか?私たちはプロジェクトの創発から運用までを行いイノベーションに繋げるプロ集団です。このような問題はプロジェクトを生み出そうとする時によく見かけるシーンです。その原因は、いきなり大きなプロジェクトを始めようとしたり、いきなり大ヒットするような商品・サービスを考えようとしていることです。まずは自分たちの持つ強みが最も生きるポイント「スイートスポット」を見つけ、雪だるまを転がすようにして大きく育てていくことが必要です。そこで私たちは「小さく生んで大きく育てるプロジェクトデザイン」というコンセプトを掲げています。本ページでは、プロジェクトを低コストかつ素早くスタートさせていくための、ツール制作という点からプロジェクトの運用ノウハウについてお伝えさせていただきます。

御社の価値が最も光るコンセプトとターゲットを共に探究します!

誰に何を提供するのかを決める

事業を立ち上げるにあたり、まず初めに「誰に」「何を(価値)」を届けるために存在するのかを明確にします。誰にどんな価値を届けるのか、どうやって届けるのかが決まっていないと、ぼんやりした存在やメッセージになってしまいます。その結果勝負ポイントが見つからなかったり、差別化できなかったり、他の事業やコンテンツの中に埋もれてしまいます。

一発では決まらないので探究する

誰に何を届けるのかを明確化することは事業を行う上で最も重要なことですが、一方で最も難しいことでもあります。自分たちはこれでバッチリだ!と思っていても実際には違ったり、すでにそういう事業が他に存在していることは良くあります。そこで大切なことは、自分たちだけで考えようとするのではなく、仮説を立てたら市場に出してテストを行いながら「誰に何を」を繰り返しブラッシュアップしていくことです。

dn1
アンドが選ばれる理由

私たちアンドはプロジェクトを立ち上げ、イノベーションへと導くことにコミットメントしています。コンサルティング会社のように戦略立案を行うことがゴールではなく、制作会社のようにツールを作ることがゴールでもありません。戦略立案からツール制作、そしてその先の実践(運用)まで、プロジェクト運営を包括的にサポートさせていただけるところが選ばれる強みです。

e1

戦略立案とツールデザインの統合

戦略立案部分を担当する「コンサル会社」と制作部分を担当する「デザイン会社」、そのデザインプロセスが分断されていては最大の力を発揮することができません。アンドはそのプロセスを統合します。プロジェクトアイデアの創発・構想、ロードマップ設計、ツールの総合ディレクション、運用支援までを段階ごとに一気通貫でサポートさせていただくことができます。

e2

小さく産んで大きく育てる

"事業アイデアを考え、入念な企画を立案してから事業をスタートさせる"という従来型の事業立案・商品開発のプロセスから"小さくスタートさせて動きながら仮説・検証・方向転換を繰り返して成長させる"というデザイン思考重視型の事業立案・商品開発のプロセスへの転換が求められています。アンドは小さく産んで大きく育てていくためのフェーズを小分けに設計し、プロジェクトをスタートさせていくことができます。

展開フェーズ
n1

[1]無料ツールによる発信

FacebookやTwitterなどの大手無料SNSにてプロジェクトの概要説明や情報発信を行えるアカウントの作成

<利点>
・実費コスト0でスタート可能
・スピードが速い

<課題>
・情報の蓄積ができない
・流入経路が限られる
・カスタマイズ性0
・デザイン性(低)

n2

[2]プロジェクトサイト制作

簡易的なウェブサイトを制作し固定情報の整備を行う。情報やコンテンツを配信し、仮説検証・蓄積を行う。

<利点>
・制作コストが低い
・スピードが速い
・情報の蓄積可能
・基本的なカスタマイズ可能

<課題>
・複雑なカスタマイズ不可
・デザイン性(中)

n3

[3]バージョンアップ

プロジェクトサイトで仮説検証した情報をもとに攻めの施作を取り入れる(デザイン強化や機能追加など)。

<利点>
・柔軟なカスタマイズ可能
・デザイン性(高)

<課題>
・制作コストが高くなる

プロジェクトの立ち上げ実績とウェブサイト制作

安心のプロジェクト立ち上げから制作、運用実績。

アンドはこれまで1,000件以上のプロジェクト創発から運用までの支援を行ってきました。「小さく生んで大きく育てるプロジェクトデザイン」というコンセプトのもといかに低コストで素早くプロジェクトをスタートさせるかというノウハウを実践し、蓄積してきました。ウェブ制作会社とJOINし、アンドの内部でプロジェクトの戦略・戦術設計からツールへの落とし込みまでを一気通貫して行うことが可能となりました。プロジェクトのご担当者様と対話を重ね、仮説・検証・方向転換を繰り返しながら柔軟に制作を進めさせていただきます。

j1
お申し込み・お問い合わせ
m1

ワークショップへの参加

プロジェクトサイトの制作をはじめ、プロジェクト案を具現化してスタートさせるためのワークショップを行っています。

Coming Soon
m2

初回無料相談へのお申し込み

プロジェクトサイト制作並びにウェブマーケティングに関して、プロジェクト立ち上げに関してのご相談を受け付けております。